2007年10月18日

小学生刺殺事件について

すでに、知らない方はいないと思いますが、兵庫県で幼い子どもの命が
犠牲になりました。
詳細がわからないので、詳しくは何も言えませんが、
一般的な話として普段から気をつけておいたほうが良い事を簡単にUPしておきます。

1.暗くなる前に家に帰えらせる。
〜最近は日が短く、地域にもよりますが、5時には真っ暗になります。
 暗くなれば、周りから見えにくくなり、影に隠れることも出来るし、
 暗闇に連れ込む事も容易になります。
 交通事故などの危険も高まります。
 暗くなる時間の危険性を子どもと一緒に考えてみてください。
 出来れば、その時間帯に一緒に歩いて、昼間との違いを話合うのが
 いいかも知れません。
 地域安全マップの夜ヴァージョンですね。
 
2.防犯ブザーを常に携行する。
〜もっているだけではだめです。
 定期的に、鳴らす練習と、止める練習をして下さい。
 止め方は「音の出るところを手で覆って、ピンを差し込む」と教えて
 あげてください。
 (手でふさいで音を小さくする事で落ち着いてピンを差し込むことが
  出来ます。)

3.不審な人間を見かけたら迷わず110番
〜「被害が出たわけではないから」とためらってはいけません。
 被害が出てからでは遅いのです。

4.地域の不審者情報などを入手
〜地域や警察などでメール配信サービスを行っている地区もあります
 ので、ぜひ登録してください。
 事前に不審者情報などを知っていれば、注意する事ができます。

町田市→http://www.city.machida.tokyo.jp/merumaga/
NPO法人防犯ネットワーク→http://www.bouhan-network.com/

5.門灯をつけておく
〜電気代ももったいないので、極端に明るくする必要はありません。
 明るすぎると、逆にまぶしくて光の届かない場所の影が強くなる
 可能性もありますし、電気代を気にしてつけなくなるよりずっと
 ましです。
 ちなみに、ボクの家では20Wの電球に落としています。

以上は、あくまでも一般的な話です。
絶対と言う事はありませんが、危険な目にあう確率はこれだけで
ずいぶん下げられるのではないでしょうか?


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 02:17 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | 子どもの防犯

2006年09月12日

不審者情報

今日、娘の小学校の連絡網で不審者情報が回ってきました。
(実際に被害が出ていますので事件速報と言ったほうが正しいですが...)

9/9(土)
横浜市青葉区市ヶ尾町で、中学3年生が後ろから刃物で刺され全治3日の
怪我を負う事件がありました。
登下校時を含め、外出時には十分注意してくださいとの事。

明日プリントが配布されるそうですので、詳細がわかり次第UPします。

現時点で言えることは、人通りの少ない場所や時間帯には、周囲に気を配り
防犯ブザーなどいつでも鳴らせるよう準備しましょう!くらいしか言えませんが
いづれにしろ用心は怠らないようにしてください。
それと、不審な人物を見かけたらすぐに110番通報して下さい。
ご協力お願いします。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:43 | 東京 🌁 | Comment(7) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2006年07月05日

川崎市子ども110番の家にドラえもん起用

今日はNPO法人防犯ネットワークさんからの情報です。

川崎市では、子ども110番の家のプレートの絵にドラえもんを採用するそうです。
子どもたちに分かりやすく、また、いざと言うとき駆け込みやすくもなるでしょうから、ナイスアイディア!!
更に、これと同様のデザインの物を公用車にも貼り付けてパトロールにあたるとの事。
とここまでは、まあ良い。
しかし、ここで大きな懸念が...
ドラえもんである。「やさしくて」困ったときはいつでも「助けてくれる」あのドラえもんである...
子どもたちをだます為の、最高の道具にされはしないだろうか?
しかも公用車への貼付方法は、マグネットなのだそうだ...
ドラえもんを使う事自体は、否定しません。しかし、悪用され無いためにどうすればよいか、もっと慎重に考えるべきではないでしょうか?
ボクは、川崎市民ではないので、意見は無視されるかも知れません。
でも、言わずには居られなかったのでメールをしました。
以下は、メールの全文です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「子ども110番ドラえもんステッカーの公用車への貼付について」
防犯プランニングセラフィの小林と申します。
防犯のコンサルティング会社を経営するものです。
川崎市在住ではありませんが、知人より掲題の話を聞き、問題があると判断
しますので、差出がましくはありますが、ご意見述べさせていただきます。
○問題点
1.偽造される事への懸念
他の地区でも、文字だけのステッカーを貼りパトロールにあたっているところ
もあり、偽造による被害と言う懸念は0ではありません。
しかし、「ドラえもん」の場合、知らない子どもなど殆どいないほど子どもたち
には認知されています。
その認知度の高さを利用し、言葉巧みに「変な人がうろうろしているから送って
あげる」などと言われたら無条件に信じてしまうのではないでしょうか?
しかも、ドラえもんはインターネットや漫画などいくらでも画像を入手でき、
かなり精度の高い偽造が容易い物であるということにも注意する必要があります。

2.盗難への懸念
マグネット式で取り外し可能と聞いておりますが、盗難され悪用される事を
お考えでしょうか?
運用に際しては、ナンバリングし駐車時には取り外すなどの配慮はなさるよう
ですが、絶対に取り忘れる事が無いと言い切れますか?貼り方が悪く走行中に
剥がれてしまう事が絶対に無いと言い切れますか?
ちょっとジュースを買うだけだから、書類を渡すだけだからと言った油断が
絶対に無いと言い切れますか?

*繰り返しますが、文字だけのステッカーでも悪用される可能性は0では
 ありません。
 しかし、ドラえもんはあまりにも認知度が高く、そのキャラクターも
 「やさしい」「助けてくれる」と言うもので、それを車に張っている人が
 「悪い事をするわけは無い」そう信じ、悪用する為の格好の道具とされる
 危険性は、文字だけのそれの比ではありません。

公用車での防犯パトロールの認知度を高める試みとして、完全に否定するもの
ではありませんが、大きさ、貼り方、運用など再度、熟考の上より安心できる
ものとした上での施行を強く希望します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

川崎市の皆さん、どうか、よく考えてください。
そして、行動してください。
行動は、電話でもメールでもなんでもかまいません。
声を伝えるだけで結構です。
その声が沢山集まった時大きな力となるはずです。

川崎市へのお問い合わせはこちら
市民局青少年育成課  TEL:200-2669, FAX:200-3914
教育委員会健康教育課 TEL:200-3296, FAX:200-3950

メールでのご意見はこちら>>「市民オンブズマン」ホームページ


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:47 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2006年05月26日

防犯訓練の効果を見事に実証!

山梨県甲斐市で小学校1年の女子児童を連れ去ろうとした男を防犯ブザーと
携帯カメラで撃退!!&逮捕のニュース見ました?
つかまったとは言え、この時期にこんな事をしようとする人間がいる事自体
複雑な心境ではありますが、それでも、小1と小2の女の子がとった行動に
テレビの前で思わずガッツポーズ!でした。

ちょうど、この日学校で防犯訓練を実施したところだったそうで、教わった
とおりにしたそうです。
緊急時には人は、普段できることもまともにできません。
ましてや、一度も鳴らしたことの無い防犯ブザーなど鳴らせるでしょうか?
防犯ブザーを買ったら、必ず最低でも1回は練習させてください。
できれば、月1回程度定期的に。
忘れがちですが、鳴らし方止め方の両方しましょう!
間違えて、ピンが抜けたときにピンを差し込めるようにしないと、小さい
子供は、怖くて持ちたがらなくなります。
それと女性の方で痴漢用の催涙スプレーをお持ちでしたら、後ろから
抱きつかれた事を想定して、後ろに吹きかける練習を1回で良いですから
しておきましょうね。
スピットファイヤーなら練習用のカートリッヂ(別売)も売ってますよ。


記事Link

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060524i116.htm


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:14 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | 子どもの防犯

2006年05月25日

こども110番の家お助けサイト

広島県で、こども110番の家を支援するサイトができたそうです。
まだ、できたばかりで中身はまだ埋まっていませんが、なかなか面白い
試みだと思います。

こども110番の家の成り立ちや、どうすれば登録できるか?なった後は
どんなことに注意すればよいかなどがわかりやすく説明されています。

これから、登録してみようかと思う方はもちろん
(広島県以外の方は、それぞれの市区町村庁にお問い合わせを)
そうでない方も「子ども110番の家へのお願い」のページと、
そこからダウンロードできるハンドブックは子供を犯罪から
守るヒントが満載なので必見です。

こちらからどうぞ!

Link
広島県「子ども110番の家」お助けサイト

防犯の基本は、あいさつ!鍵掛け!整理整頓!
できることからはじめましょ!


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 02:22 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2006年05月23日

半年で7人の命が犠牲に。

今日は、体調不良で休んでいたのですが、朝から、秋田県の小学1年生の米山豪憲(ごうけん)君の事件のニュースが、ずっとテレビで流れていました。

この、blogで最初に子供の事件を扱ったのが、昨年11月22日の広島で起きた事件。その直後の12月に起きた栃木の事件。こちらはまだ犯人は捕まっていません。その後も立て続けに、小さな命が奪われています。
もし、事故として処理された、彩香ちゃんも事故ではないのなら、この半年で8人も犠牲になっています。
行方不明や、未遂のものも入れたらいったいどれほどの数になるのでしょうか...

政府も、スクールバスの導入など対策を本腰を入れて審議していくようなので少しは期待が持てそうではありますが、これにはまだまだ時間がかかると思います。
犯罪者を生み出さないように、歪んだ社会を正常にするなどという、神様にさえ一度たりとも実現できていないことを、人が実現させるのには、百年?千年?
もちろん必要なことだし、すぐにでも始めることだとは思う。
何よりボクも、今の社会を憂う人間の一人である。
しかし、ボクはそんなに待てないし、そこまで長生きできない。

それに、答えは、一つではない。
10年百年単位での長期的な国家レベルでの対策。
1〜2年単位での中期的な自治体レベルでの対策。
数ヶ月単位で可能な企業レベルでの対策。
今すぐできる個人レベルでの対策...

今日、小学校に通う娘と話をしました。
小学校一年生の男の子が殺されてしまったこと。
家のすぐ近くから知っている人の車に乗ってどこかに連れて行かれたらしいということ。
お父さんと、お母さんが知ってて、子供がいる人以外の人にはついて行かないこと。
知っている人でも、大人と二人だけなら車には乗らないこと。
一人では下校しないこと。
防犯ブザーや、子供110番の家のこと。

体調が戻ったら、二人でお散歩がてら通学路の再点検に行こうと思います。

できることから始める。
継続する。
まずは、この二つから。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 01:38 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(4) | 子どもの防犯

2006年03月22日

防犯ブザーどこにつける?

助けて〜
超繁忙期に加えて、子供の入学準備でてんてこ舞い\(◎o◎)/!
でも大丈夫。まだ生きてる...多分...

ところで、小学校に上がったら、防犯ブザーを子供に持たせる方も多いと
思いますが(もちろん我が家も持たせます)ランドセルに着けるとき、
どこに着けます?
たぶん多くの方が、横の金具に引っ掛けていると思いますが、それだと、
いざと言う時に手が届きませんよね?
それに、紐が引っ掛ってピンが抜けたりする事もあるでしょうし...
あと、首から下げている子もいますが、事故に繋がる可能性もありますので、
やめた方がいいようです。

と言う事で、ストラップに取り付けられる「ブザーつりつり」のご紹介
写真の通り、こんな感じで取り付けられます。

防犯ブザーは、手の届かない位置にあってもしょうがない!手の届かない防犯ブザーを手元に!ブ...

ちなみに、反射材付でマジックテープタイプのバージョン2もリリース
されています。

スタディー・ラボ(ブザーつりつり2)


若しくは、クリップが裏についているタイプもおすすめ。

あんしん防犯ブザー“スターライト”

もし、首から下げるのであれば、強く引っ張ると外れるものにしましょう!
たまごっちの「おでかけストラップ」がちょうどよいかも?

ネックピース エンたま まめっち

もしくは、
≪メール便お届けも可≫フラッシュ&ブザー



でも、大事なのは、防犯ブザーを使わないで済むように、一人で危険な場所に
極力近づかない事。
とは言うものの、絶対に!とは行かないので、いざと言う時にいつでも使える
ように準備しておく事。
あと、知らない人と話すときは、手を伸ばしても届かない距離で話すように
教えて下さい。
そうしないと、ブザーを取られたり、音に驚いた相手からケガをさせられる
事もありますから。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 20:14 | 東京 ☔ | Comment(7) | TrackBack(1) | 子どもの防犯

2006年02月19日

東京都が小学校への防犯カメラ設置に助成金を出すらしい。

セキュリティ産業新聞の記事によると、東京都で小学校への防犯カメラ設置に対し、助成金を出すそうです。

以下、セキュリティ産業新聞「学校へ防犯カメラ設置、一校カメラ3台、レコーダ、モニター2台をワンパックに標準100万円目途」より一部引用。

東京都の青少年・治安対策本部が来年度(平成18年)新事業として、学校に防犯カメラを設置する補助事業の概要が明らかに・・・・
既報の通り、都は来年度事業の目玉として学校内への不審者侵入を防止するため新規事業として約10億円を計上。・・・・
また、設置・運用に当たっては運用要綱が必要となることから、都がたたき台であるモデル要綱を年内に作成し、補助対象自治体に指導するほか、来年度から評価報告を行う・・・・

だそうです。

これ、決して悪い事ではありません。と言うより、防犯上良いことだとは思います。
でも、防犯カメラより先にする事があると思うんですが...
何度も、このblog上でも書いていますが、学校の防犯カメラの効果について、ちょっと疑問があるんです。
と言うのも、小学校などの施設にカメラを設置する場合、侵入しようとする人物を事前に発見し、何らかの方法で排除する事を目的とするものなんですが、常時モニターを監視できる体制も、人員も無いからです。
学校の先生が監視し続ける事などおそらく不可能ですし、監視する為の人員をどこかの部屋に入れるくらいなら、警備員を門に配備した方がはるかに有効です。
そもそも、小学校に殺傷目的で侵入する輩って、捕まる事をあまり意識していません。
私の記憶では、過去に学校内で殺傷事件を起こした者は100%捕まっているはずです。
空巣などのプロの犯罪者は、長期的に犯罪活動を行う必要があり、証拠を残す事を嫌いますので、マンションなどに設置する防犯カメラには、それなりに効果を発揮します。
しかし、小学校の場合それとは、性質が違うんです。
明確な定義があるわけでは無いんですが、同じ物でも目的によって「防犯カメラ」と「監視カメラ」と言い分けたりします。
小学校に設置するカメラは、「監視カメラ」である必要があるんです。
しかも、実際たまに見かける事がありますが、防犯カメラを設置している学校でも、校門を開け放していたりするんです。(これでは、せっかくのカメラも効果は半減です。)
冒頭で言った「先にする事」とはこの事で、まず、門を閉めて入りにくくする事が絶対条件です。
その次が、オートロック式の扉+カメラ付インターホン。
大人と子供の通路を分ける。職員室から窓越しに外が見れるようにする。などなど
それでも、補いきれない場所に侵入者を知らせるセンサーやカメラを設置する。
警備員さんに詰めてもらうのが理想的ではありますが、予算などの都合もあるでしょうし...
*ちなみに、東京の世田谷区では、半日ですが、警備員を配置しています。

今回の助成制度は、カメラだけでなく、ボランティアへの支援なども含まれているそうですし、防犯カメラの設置自体を否定するものではないのですが、毎日、門を閉める事すら出来ない学校に、監視カメラのモニターを監視し続ける事など出来るわけはないと思うんですが?
どうでしょう?

Link(東京都の自治体の状況を確認できます)
どこまで進んでる? 各自治体による取組み(警視庁HP)


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 02:21 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2006年02月09日

地球博のロボット第二の人生!?

今日、テレビのニュースで、愛地球博の三菱館に出演?していたロボットが
小学校で子どもを見守ると言う、第二の人生を歩み出したと放送していました。

正確には、こちらを→「asahi.comニュース特集」

今回の導入は、試験的なもので実用はまだ先になるようですが、実際のところ
どうなんでしょうね?
子供たちは、喜んでいましたが、費用と効果、果たして、どの程度なのか?
校門にインターホンと電気錠式の扉をつけて、防犯カメラとICタグを導入する
のと中身は同じわけですが、その方が、費用対効果は高いのでは?
まあ、かわいさは得られないけど...
警備員さんの代わりになるならまだしも、「子どもを見守る為のもので、犯人を捕まえる
為のものではありません」とインタビューで答えていらっしゃいましたので...
まあ、新しい技術を試してみる事は、悪い事ではありませんので、しばし、静観と
言ったところでしょうか?

DSCN1237.JPG

ちなみにこのロボットwakamaru(ワカマル)といって、1,575,000円(税込)で販売
していたそうです。(へぇ〜)
*現在は販売していないようですが。

詳しくはこちらを→wakamaruホームページ



ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 23:25 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2005年12月10日

今、ボクにできること。

「かわらばん」作ってみました。

ずっと、「出来ることから始めよう!」とblogで訴えてきていましたが、そう言う自分は
何かしたのか?

答えは、「NO」である。
もちろん、最低限のことはしてきたつもりではあるが、何か足りない...
もっとできる事があるんじゃないか?

柄にも無く悩んだ。
blogでやっていることに果たしてどれ程の意味があるのだろう?
このblogが1日何千ものアクセスがあって、ランキング上位であれば話は別ですが...
もっと、他にやるべきことがあるのでは?
とはいえ、始めた事を途中で投げ出すのもどうかと思うし...

まあ悩んでても始まらないので、出来ることからやってみるか!
どうせ、考えてても解らないんなら、自分の信じる事をするしかないし。
うん。そうしよう!
というわけで、瓦版を作ってみました。
とりあえずは、ご近所や子どもの通ってる幼稚園などに、お願いしてみようと思います。

瓦版はこちら → 瓦版1号.pdf
(右クリック「対象をファイルに保存」でダウンロードできます)

一人でも多くの方の目に止まればと考えておりますので、ご自由にお使い下さい。
手直しなども自由にして頂いてかまいません。
*もとのWordデーターが必要な方がいらっしゃいましたら、メール頂ければ、送信します。
 アドレスは、bouhan-mame@hotmail.co.jpです。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 01:17 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(1) | 子どもの防犯

2005年12月07日

知らない人ってどんな人?

「知らない人についていってはいけません。」と皆さん子供に教えていると思いますが
子供にとって知らない人とはどんな人をいうのでしょう?
昨日のニュースで、事件の前に有希ちゃんは「優しいお兄さんと約束をしている」と周囲に
話していたそうです。
まだ、「優しいお兄さん」が犯人と決まったわけではありませんが、もし計画的に近づいて
顔見知りになってから犯行に及ぶとしたら子供にはどのように教えたらいいでしょう?

我が家では、子供にこう教えています。

私「知らない人について行ってはダメだよ」
子供「は〜い」
私「知らない人ってどういう人の事か分かる?」
子供「・・・・」
私「お話した事がある人は知ってる人か知らない人かどっち?」
子供「知ってる人!」
私「ブブー」
 「お名前とどこに住んでいるか知らない人は、知らない人だよ」
子供「は〜い」
私「でも、知ってる人と遊ぶときも、お父さんかお母さんに言ってから遊ぶんだよ」
 「遊んでもらったお礼をお父さんちゃんとその人に言わないといけないからね!」
子供「わかった〜」

と言った具合です。
もっともこれで完璧とは言えませんが...
子供にも理解し易いように、なるべく具体的に話してあげるようにするといいと思います。
皆さんも色々試してみて下さい。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 07:52 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(1) | 子どもの防犯

2005年12月03日

子ども達を守る為に

悲しい事件が続いています。
先日、広島で事件が起きた時にも子供が被害の被害にあわない為の記事をUP
しました。
でも、それだけでは不十分なんです。
例えば、子供が防犯ブザーを鳴らしても、周りが音に気付いて110番通報
したり、助けてあげなければ、何の役にも立ちません。

こんな事件を無くすために、一人一人ができる事から始めてみませんか?
自分の家だけ、自分の家族だけを考えても犯罪はなくなりません。
(もちろん、各個人が防犯対策を行う事が何よりも重要なのは言うまでも
ありませんが)
そこに住む一人一人が犯罪に対して意識を持ち、自分たちの地域を守ろうと
いう気持ちが「我が家」や「我が子」を守る事に繋がっていくんです。

という事で今回は、子ども達をこんな犯罪から守る為に、我々大人にできる
事についてお話したいと思います。

連れ去り事件は、大半が夕方の下校時間に起きています。
 そこで、買い物や犬の散歩などを下校時間に合わせて出かけましょう!
 (お出かけの際には、ご自宅の防犯対策もお忘れなく!)

○挨拶をしましょう!
 「礼に始まり礼に終わる」武道の教えですが、防犯もそうなんです。
 専門用語で、領域性の強化といって、連帯感を高める事によって無関係な
 人間が入り込みにくい状況を作るという考えなんですが、連帯感を高める
 (人間関係の)第一歩は「挨拶」からというのが基本ですよね!
 犯罪者は、人に顔を見られて警察に通報され、捕まることをもっとも
 嫌います。
 連帯感の強い場所というのは、無関係な人間にとって非常に居づらい場所。
 そういう場所では、見咎められる確率も高くなり、犯罪もしにくくなり
 ます。
 例えば、六甲おろしが流れている居酒屋にジャイアンツの帽子かぶって
 入れませんよね??

○街をきれいにしましょう!
 ごみや落書きが多い場所というのは、そこに住む人が、自分以外の物事に
 対し、無関心であることを意味します。そういった場所では、見咎められる
 事も少なく犯罪者にとっても犯罪を起こしやすい場所になります。
 ディズニーランドで道にごみ捨てた事のある人います?
 あれだけ人が沢山集まる場所でそんな人めったにいないと思います。
 なぜか解ります?
 それは、ごみが落ちていないから!??
 つまり、清掃員が小さな紙くずまで常に掃除していて、きれいだから
 捨てにくい。
 今すぐ皆でペンキを持って落書きを消そう!とまでは言いません。
 自宅周辺やよく行く公園のごみを拾うところから始めましょう!

○通学路付近にお住まいの方は、下校時間に少しだけ外の様子を気にして
 あげて下さい。
 外に出て、「お帰り!」と声をかける事が出来れば理想的ですが、それが
 無理ならテレビの音を少し小さくしたり、温かい日には窓を少し開けて、
 防犯ブザーの音や助けを求める声に気付き易いようにしてみて下さい。
 大切なのは、意識を向けてあげる事です。まずはそこから。

○もし不審な人物を見かけたり、悲鳴や防犯ブザーなどの音に気付いたら、
 すぐに警察に通報して下さい。
 「きっと誰かが通報してるよ」などと自分を納得させないで下さい。
 同じ地区から数件の通報があれば、警察も動きやすくなりますくなると
 思います。

○情報を出来る限り共有しましょう!
 自治体や以前ご紹介した「防犯ネットワーク」さんのように、メールなどで
 情報を発信しているところにお住まいでしたら登録してみましょう!
 雑談レベルでも構いませんので、テレビやインターネットで見た防犯対策や
 近所で起きた事件の事などを話題にしてください。
 但し、被害にあわれた方の噂話にならないように気をつけて下さい。

ここにご紹介したこと以外にもまだまだできる事は沢山あると思います。
地域によってもできる事は違ってくるでしょう。
大切なのは、まず、地域を守りたいという気持ちです。
それが、防犯意識を高める事につながり、やがて大きな力になってくると
私は信じています。
法改正や警察官の増員、ボランティア団体の立上げなど大きな単位で出来れば
それに越した事はありませんが、それには、時間もお金も労力も相当かかって
しまいます。

まずは、できる事から始めてみませんか?

追伸
トラックバックさせていただいた皆様へ。
今回、事件の事や子どもの事に関する記事をUPされているblog数十件にトラバ
させていただきました。
何のお断りもせず、トラバさせて頂く事をお詫び申し上げます。
この記事がそちらのサイトの趣旨に合わない場合は、お手数ですが削除を
お願い致します。
防犯・防災に関するコメント&トラバは歓迎しておりますのでよろしく
お願いします。
*トラバはスパム対策で承認後サイトに反映されますので少し時間が掛かり
 ます。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 18:49 | 東京 ☁ | Comment(23) | TrackBack(12) | 子どもの防犯

2005年11月30日

位置情報検索サービス〜番外編

位置情報検索サービスについて4回に渡りお話してきましたが、今回は番外編として、
携帯電話のことで感じた事をまとめてみました。

子どもに電話を持たせる場合に心配なのが、「通話やパケット、有料ダウンロードなどの
使いすぎ」と「有害サイトへのアクセス」ですよね。
ぴぴっとフォンのように3箇所までしか通話できないものを除いて、
普通はどこにでもかけられます。
でも、ダイヤル発信制限機能を使えば、アドレス帳に登録した電話番号にしかかけられなく
する事ができるって知ってました?
機種依存の機能なので、機種によって微妙に設定が違うようですが(全ての機種で出来るかどうかは分かりません)webのアクセスやメールも制限がかけられるようです。

auの場合→http://www.au.kddi.com/manual/gzone/security/security05.html
ドコモの場合→http://www.docomokyusyu.co.jp/support/weekly/weekly_back05_1.html

これ以外にも、上限設定や、夜間のインターネット利用を制限するサービスもあります。
キッズiモード
リミットプラス
料金安心サービス


でもこれって隠れた機能みたいな感じがしません?
私も今回、色々調べてて初めて知りました。
子どもに持たせることを前提にするならば、安心だフォンのように明確にするべきでは
ないかと思いませんか?
あと、ゲームとかも出来ないようにするとか。
ちなみにアプリ制限機能もありますが、これを設定すると安心ナビ(au)の一部機能も使えなく
なります。
って意味無いじゃん!!

子どもに電話を持たせるという意味をまじめに考えて、もう少しこの辺りの機能を
つめてほしいものです。

今日は防犯にあまり関係ありませんがちょっと気になったもので...


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:24 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(7) | 子どもの防犯

2005年11月26日

位置情報検索サービス〜その4(Link集)

位置情報サービスのリンク集です。
過去の記事も参考にして、一番会うものを選んでください。
しつこいようですが、これさえ持たせれば、犯罪を防げるわけではありません。
色々な事を教えたり、大人が見守ったりする中での、防犯ブザーなどと同じ一つの防犯グッズ
です。
「これで安心」という過信はだめですよ〜!!

○警備会社

ココセコム(セコム)

あんしんメイト(ALSOK)

モバイルガード(セントラル警備保障)


○携帯電話(オフィシャル)

安心ナビ(au)

ドコモ(2006.3スタート予定)


○携帯電話(ASP)

ここっP゜(ナビッピドットコム株式会社)

どこライン(コアシステムズ)

ドコモ用ASP

VehicleFinder Lite(デイシス)


○PHS

みっけ!WEB

ぴぴっとフォン(トヨタ)

いまどこサービス(ドコモ)


○その他

どこライン(コクヨ)

e-location(ロケーション)


○お役立ちサイト

http://allabout.co.jp/computer/telecomfees/closeup/CU20030725A/index.htm?FM=cukj&GS=mobilenet

http://allabout.co.jp/computer/telecomfees/closeup/CU20031230A/?FM=cukj&GS=cellphone

http://allabout.co.jp/computer/cellphone/closeup/CU20041031A/index.htm?FM=cukj&GS=mobilenet



ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 16:04 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

位置情報検索サービス〜その3

今日は、位置情報検索サービスについてのコラムの3回目です。
ホントは1つづつ説明してからまとめようと思っていたのですが、あんな事があった後で、
皆さん気になると思いますので、現在確認できている範囲で購入前の検討材料に出来る
ように、ざっとまとめてしまいます。
前回、前々回で概要、GPSとPHSの違いを簡単にまとめてありますので、
まだの方はこちらも合わせてどうぞ。
今回は、わかりやすくFAQ(よくある質問)形式でご説明します。

Q.1場所はどうやって調べるの?
〜パソコンや携帯電話、Lモードでインターネットに接続して調べます。
警備会社のサービスなら警備会社に電話して教えて貰う事もできます。
*携帯電話で検索する場合、対応している電話会社が限られてきますので
よく確認して下さい。

Q.2どうやって居場所がわかるの?
〜GPSで信号を受信して位置を割り出すものや、携帯電話や、PHSの基地局からの
電波の強弱で大まかな位置を割り出しています。

Q.3精度はどのくらい?
〜GPSは人工衛星3基で受信できれば、5〜10m(悪い場合は100〜500m)
 PHSは50m〜1km
*電波が完全に入らない場所では検索できません。
*天候や場所により、精度が落ちたり、検索できない場合があります。

Q.3場所を調べる以外にどんな事ができるの?
(契約する会社により対応していないものもあります)

○エリア通知サービス
〜指定したエリアに入ったときや、出た時に発報します。

○非常通報サービス
〜ボタンを押すと警備会社や、指定したアドレスにメールで通知する事ができます。
*防犯ブザー付の電話などでは、ブザーに連動して通知できるものもあります。
*auは、「0」長押しでブザーが鳴るものがあります。

○呼び出し機能
〜子どもが持つ端末を呼び出すことが出来ます。

○現場急行サービス
〜警備会社と契約している場合は、警備員が現場へ探しに行ってくれます。
 それ以外にも、タクシーで迎えに行ったり、ラジオで呼びかけたり色々あります。

Q.4端末機はどんなものがあるの?
〜GPS専用端末機、GPS付携帯電話、PHS電話などがあります。

Q.5どんな所と契約すればいいの?
@警備会社と契約する。
A電話や専用端末機と位置情報サービスがセットになっているものであれば、
 電話会社などと契約する。
B携帯電話をすでに持っている場合などは、ez-webやi-modeなどでサービスを
 提供しているサイトにアクセスして申し込む。
(着メロサイトの会員になるような感覚ですね)
などがあります。

Q.6料金はどれくらい?
内容によりばらばらですがざっくり言うと(あくまでざっくりです)
○加入料:3,000円〜5,000円(携帯電話をすでに持っている場合は、0円〜3,000円)
○基本料:警備会社で1,000円前後
     携帯電話で250円〜1,000円(別途携帯の基本料が掛かります)
○検索費用:警備会社で50円〜100円
      携帯電話のサービスで2円〜50円
      (10回で100円といったようにパックになっている場合が多いようです)
      PHSで20円〜50円
      電話で調べてもらう場合は200円
○現場急行:1時間10,000円

この他に地図を表示したり、メールを送ったりする時の通信料が掛かります。

かなり端折っていますが、おおむねこんなところでしょうか。
選ぶ時は、これを踏まえた上で、子どもの年齢や行動範囲により、一番あうものを選んで
ください。
例えば、
○子どもがまだ小さい場合は、携帯電話の操作はちょっと難しい場合もありますので、
専用の端末機にする。
○共働きでメールを受け取ってもすぐに対応できそうに無い場合は、警備会社のように
電話を数箇所にかけてくれるところを選ぶ。
○周りに田畑が多いところではPHSの精度は極端に落ちるからGPSにする。
などなど
ちなみに、検索はそう頻繁にすることは無いそうですので金額はあまり気にしないほうが
良いかもしれません。

あと、選ぶ基準としては、使いやすさ・サイズや重量などによる携帯のしやすさ。
地図画面の見易さ(目印の表示)なども迷った時には1つの材料になると思います。

最後に、これは、もっていると犯罪に会わない魔法のツールではありません。
何かあった時に被害を最小限に食い止めるための防犯グッズです。
日ごろから、防犯意識を高め、危険に近づかないようにする事が重要です。
油断と過信は大敵ですよ!

といったところで明日も早いので、今日はこの辺で
明日は、位置情報サービスを提供している会社のURLをUPします。

ごめんなさい、もう限界 zzzZZZ


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 03:37 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(3) | 子どもの防犯

2005年11月23日

連れ去りにあわないために〜その1

GPSのコラムをまとめていたのですが、昨日の事もあり、連れ去りにあわない為に
お役に立ちそうなことをいくつかお話したいと思います。

連れ去りに絶対にあわない方法...実はありません。残念ながら。
先日、家で寝ている子どもを車でつれまわしたと言う信じられないような事件も起きて
います。(命に別状は無かったようですが、心の傷は一生消えません)
ニュース記事はこちら→http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1503930/detail
ただ、そういった可能性を減らす事は出来ます。
では、どういった事に気をつければ良いかというと、

○なるべく一人にならないようにする。
〜集団での登下校や、付き添いは連れ去りや事故の防止策としては、有効です。
 しかし、今回も、普段は友達と下校していたのに、友達が休んで一人のときに被害に
 あっています。
 お迎えも、お母さんの体調が悪かったり、下の子が熱を出したりと行けない時もあると
 思います。
 お迎えに行ってるからといって油断しているといざと言う時対処できなくなりますので
 注意しましょう!

○通学路や、生活の中で通る道や遊び場の危ない場所に近づかない。
〜・人通りの少ない道。
 ・路上駐車や放置車両の多い場所。(隠れる場所が多いということと、ルール違反を
  見咎める人がいないと言う意味でもよくないと言えます)
 ・歩道の無い道。(車で近寄って車内に連れ込むといった事がしやすくなります)
 ・塀や、生垣など隠れる場所が多いところ(どうしても通らないといけない場合は、道の
  反対側を歩いたり、防犯ブザーをいつでも鳴らせるように準備するなどをしましょう)
 これらは、交通事故や、けがの防止も合わせて考えてチェックしましょう。

○危険を感じた時に助けてもらう場所を教える
〜子ども110番の家や、コンビニ、郵便局など、怖いと思った時や、困った時、
 どうしたら良いかわからなくなってしまった時などに、助けてもらえる場所を事前に
 確認しておきましょう。

○防犯グッズを利用する。
〜防犯ブザーなどを上手に利用しましょう。
 持たせる場合は、必ず、練習をしましょう。
 (止める練習も合わせて下さい。止め方が解らなくてそれが嫌で使えなくなる子も
  いるそうです)

○「イカのおすし」
〜ついてイカない。
 車にらない。
 おきな声で叫ぶ
 ぐに逃げる
 らせる
 など、基本的なことを教える。

 イカのおすし試聴はこちらから→http://kirakiland.web.infoseek.co.jp/page005.html

他にもたくさんありますが、まず、最低限これくらいは教えておいて下さい。
教える上で、大切なのは、子どもが自分で考えるようにする事。
「こうしなさい!」「ああしなさい!」「これはだめ!」と一方的に教えても子どもは、
一度にそんなに覚え切れません。
それに、どれだけ教えても、状況は常に変化します。
不審者もこちらが思いもしなかったような手口で連れ去ろうとします。
大切なのは、外の世界には危険がたくさんあるから、気をつけなければいけないと言う意識
を持たせる事。そして、困った時に、誰かに助けを求める方法を教えておく事。
必要以上に子どもを不安にさせることはありません。
それと、繰り返し、何度も行う事も重要です。

教え方の例としては、
1)大まかに説明する。
2)説明した事をクイズにする。(例えば、「お母さんが向こうで探してたから連れてって
  あげる」って言われたらどうする?といった具合)
3)実際に通学路などを歩きながら、同じようにクイズを出す。
 (この道で誰かが隠れられるところはど〜こだ?のように)
4)子ども110番の家など助けを求める場所を教える。
 (もし、そこの家の方が外に出ていたら、ご挨拶しましょう。)

我が家でも、少しずつ教えていっていますが、「お父さんとおさんぽー!」と楽しみながら
やっています。
「地域安全マップ」作りも基本的には、この延長上にあるものです。
マップを作る事が目的ではなく、危険を予測する訓練をする事が一番の目的です。
あまり形にこだわらず、ぜひやってみて下さい。

最後に、防犯の基本は「鍵掛け、声掛け、整理整頓」
まずは「あいさつ」から始めましょう!!

とりあえず、子どもの防犯に関するサイトのリンクを下につけておきますので
そちらも参考にしてみて下さい!

子どもの危機回避研究所

警視庁

警察庁「子ども防犯テキスト」(PDF)


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 21:47 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

また子どもが被害にあってしまいました...

また悲しい事件が起きました。
「11月22日の午後3時ごろ、広島市安芸区の路上で、段ボール箱に入れられた少女が
発見され、病院に運ばれたがまもなく死亡が確認された」
下校途中のわずかな時間での犯行だったようです。
奈良で起きた事件からちょうど1年が過ぎたばかりで、また同様の事件が起きてしまいました。
子どもって、本当に小さくて、人を疑うことを知らなくて、弱い存在なんです。
みんなで、守っていかなきゃならない大事な命なんです。
それが、なぜ、こんなひどい目にあわなければいけないんでしょう。
ご家族の苦しみは、想像をはるかに超えるものだとは思いますが、
うちにも来年小学校に上がる娘がいます。
もし、この子が...と思うと...

ご家族にお悔やみを申し上げるとともに、木下あいりちゃんのご冥福をお祈りします。続きを読む


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:09 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(2) | 子どもの防犯

2005年11月19日

子どもの防犯「位置情報検索サービス」‐その2-

お待たせしました。「位置情報検索サービス」の第2弾をお届けします。
このところ、イベントが多くて、すっかり続きを書くのが遅くなってしまって...
すみません <(_ _)>

前回「位置情報検索サービス」とは、どんなものか簡単にご説明しましたが、今回はもう少し
詳しくお話します。
検索方式別でGPS(セコムの「ココセコム」やauの「安心ナビ」など)と
PHS(ドコモの「いまどこサービス」やトヨタ自動車の「ぴぴっとフォン」など)の2種類。
GPSの場合、殆どのものが人工衛星と携帯電話の基地局を利用した位置情報を併用して
いますので、ここではGPS=併用型と思って下さい。
*近い将来、自販機などにICタグのリーダーを組み込んでそれにより、場所を特定できる
 ようになるみたいですが、もう少し先かな?
サービスを提供する会社別で、警備会社、電話会社・ASP(アプリケーション・サービス・
プロバイダー:携帯の有料コンテンツを提供する会社の事)その他に分けることが出来ます。

検索方式による違いで、それぞれ特徴をまとめると、
GPS〜精度が高いが、その分コストもやや高め。
    人工衛星3基で端末の電波を受信できれば、カーナビ同様完全にピンポイント。
    但し、地下や窓の無いような建物に入った場合は、携帯の電波から測定するため、
    半径数百mになる場合もあり。

PHS〜PHSのアンテナ基地局からの、電波の強弱で場所を特定するため、建物が多い地域
    では、基地局もたくさんあるので、街中での精度は半径50m程度になるようです。
    しかし、PHSのつながりにくいような地区では、半径1kmくらいになってしまう
    ため、ほとんど役には立たない。
    ただ、地下鉄などPHSしか、電波の届かない場所では、当然こちらが有利。

*当然、まったく電波の届かない場所にいる場合と、電源が切ってある場合は、
 GPS、PHSともに検索不能です。

と言うと、PHS使えなさそうですが、これはこれで用途によっては使い道があるんです。
例えば、東京都内の私立の小学校に、電車で通っていたり、塾通いの子どもに、電話を持たせたいが、携帯はちょっとと言う場合などでは「ぴぴっとフォン」がお勧め(携帯からの検索はauしか対応できません)
3箇所しか電話をかけれないので、使いすぎの心配は無いし、防犯ブザーの機能もついてるし
大まかな場所もわかる。
つまり、電話を持たせたいと言う前提がある場合は、かなり有力候補になるわけです。
学校側も携帯電話は持ち込み禁止だけど、「ぴぴっとフォンなら」許可がでるらしい。
(とトヨタカローラのお姉さんは言ってました)

どちらがよいか?というと、GPSかPHSかだけでは選べません。
と言うことで、またまた結論は持ち越し(ほんとに結論出るのか?)
次は、各社のサービス内容と料金について結果をご報告したいと思います。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 21:08 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2005年11月10日

子どもの防犯「位置情報検索サービス」‐その1-

先日の記事でお知らせしたとおり位置検索サービスについてのコラムをお届けします。
比較検討に入る前に、位置情報検索サービスとはどういうものか?
そもそも役にたつものなか?(いきなり否定か?)防犯ブザーで充分ではないのか?
その辺りをはっきりさせたいと思います。
まず言えることは、全ての防犯グッズに共通していることですが、これさえあれは大丈夫と言うものはありません。
これも例外ではなく一長一短があります。大事なのは、特性を理解し、もっとも適したものを選ぶ事です。
また、持たせる子供の年齢や子供の行動範囲により変わってきますのでその辺りも踏まえて選んでください。
では、本題にはいりま〜す。
まずは、このサービスどんなものか。
大まかに言うと、システム的には、GPS付きの携帯電話や、専用の端末機を人工衛星から検索するものと、PHSをアンテナからの電波の強弱で位置を特定するものと2種類がありす。
どちらもパソコンや携帯電話からアクセスし、地図上に表示させることができます。
(ちなみに検索するのに一回辺りGPSで50円〜100円、PHSで20円〜30円かかります)
さらに、警備会社の提供するサービスでは、警備員を派遣して探して貰う事もできます。
(1時間辺り一万円程度)
ここで一旦話しを整理すると、
○これは、迷子になったり、帰りが遅くて心配な時に、今どこにいるかを検索するもので、
カーナビのように、常時どこにいるかを表示させるものではない。
○基本的に、何かあった後の被害の拡大を防ぐことが主な目的で、連れ去りなどを未然に防ぐ為の防犯グッズではない。(防犯ブザー機能を備えたものや、指定エリアを外れた場合にメールで通知する機能を持つものもありますが)
と書くと、まるきり役に立たなさそうですが、上手に使えば、かなり力を発揮するのは間違いありません。(大げさに言うと生死を分ける最後の命綱になりうるかも!?)
と言うことで、次回、具体的にどんなものがあるのか(結構色々あるんです。これが)比較して行きたいと思いますので、結論は"お預け"ということで...

ちなみに、今日は、横浜で、「親と子の安全教室」と言うセミナーを聞いてきました。
そこで、地域安全マップの作り方など聞いてきましたので、近いうちにupします。
我が家も、お散歩がてら週末やってみようと思います。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 23:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2005年11月08日

小学校の防犯ーその2ー

昨日は、来年小学校に上がる子供の就学前の健康診断の為に、子供と小学校へ行って来ました。
せっかくの機会なので、ついでに防犯チェック!
〇まずは、周辺環境。
閑静な住宅街にあり、校庭を含む三面は住宅に面しているが、裏は高校で路上駐車あり。
車の往来は少なく、人通りはパラパラと言ったところ。
下見や待ち伏せは、しにくいものの、新興住宅街の為地域の目はあまり期待できないか?

〇続いて出入口
防犯カメラは無し。(まあ学校の防犯カメラについてはあまり役にたつとは思っていないのでいいですが)
校舎内には、職員室の前を通る為、不審者にとっては入りにくいか?

〇その他設備
廊下にインターホン、センサーあり。ただ、一ヵ所コンセント抜けかけていました...だ、大丈夫か?
後、無線式の非常通報ボタンと名札と笛を先生方は首から下げてました。

と、短時間でさっと見ただけですが、それなりに防犯対策してあるものの、安心できるレベルではないかな〜?と言ったところ。
運用を含め、1度学校に確認する必要がありそうなので、今度聞いてみようと思います。
その時はよろしくお願いします!



ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 14:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。