2006年07月12日

ハウスメーカー防犯対策徹底比較「セキスイハイム」

お待たせしました〜!
予告しておきながらずっとほったらかしでしたが、やっと、今回からスタート
です。
第1回目は、「セキスイハイム」です。
いきなり、結論から言っちゃいますが、ここ、GOODです。
かなり研究してます。
カタログを現在取り寄せ中なので、届いたらまた詳しくレポートしたいと思い
ますが、ホームページ上からだけでも力の入れようが、かなり伝わってきます。
では、早速どの辺りが良いのか詳しくお伝えしていきたいと思います。

○商品名
S&S(セイフティ&セキュリティ)パッケージ
○コンセプト
「狙わせない」「侵入させない」為の最適なプランと設備をパッケージ化
○特徴
・防犯性能の高い建築部品の採用に加え、CPTED(詳しくはこちら→防犯環境設計
をコンセプトに取り入れている。
更に、外観としてのの美しさ、地域性を踏まえた防犯レベル、コストパフォーマンス
まで総合的にプランニングすると言うもの。
設備をいくつか並べ立てて、防犯に配慮した住宅として売っているところが
多い中、これは立派!
しかも、提案が段階的に進んでいくようになっていて、わかり易い。
外構→敷地→ドア・窓→室内とそれぞれに、レベルを決めてオプションを
設定している様子が伺える。
・設備についても、物理的なものから、最新の電気設備、ホームセキュリティ
ときっちりカテゴリーに分けて商品化されている。
他のところも、並んでいるオプション自体は似たり寄ったりだが、検証した
結果を系統立てて商品化している。
なぜ、こうなっているといいのか?
それは、営業担当の質による個体差が生じにくいから。
100%把握できている営業担当などまず、いません。
そこで、会社としてきちんと商品化して、売りやすくしてあるか?
と言うのが実際に買う側の立場に立ったときにも大きく影響してきます。
営業担当にとっては、売りやすい→経験が増える→能力が上がるともいえる
ので、ある程度は評価の基準にはなると思います。


○アフター
・系列にリフォ−ム会社あり。
*ハウスメーカーの防犯について比較する上で、アフターサービスについて
も確認しておきたい項目です。
犯罪の手口などは常に変化します。今、万全だと思っても何年かすると、
決してそうとは言い切れない状況になる事が十分考えられます。
そんなときに、建てたところ(もしくはその系列会社)に相談できるとやはり、
安心感が違いますよね。
それに、電気系の設備を多く取り入れるとメンテナンスが結構発生してきます。
センサー1個壊れただけで大騒ぎしなくてはいけないところよりは、窓口が
しっかりあるところの方が、心強いです。

○ちょっと疑問に思った事
コンセプトに、コミュニティの形成も考えているような匂わせ方をしているが、
そこについての踏み込んだ話が出てこない。
住宅メーカーとしてどう踏み込んでいくのか?ちょっと期待してしまっただけに
残念(>_<)
ホームページに載せていないだけで、実際には何か考えがあるかもしれませんが...
(まあ、はっきりと言い切りにくい分野の話ではあるでしょうが...)

と言う事で、「セキスイハイム」の評価は「AA」としておきましょうか。
*と、ここまで持ち上げておきながら言うのもなんですが、あくまでもホームページ上での事。
セキスイハイムさんは、(他はどうか解りませんが)住宅メーカーの積水化学工業
が作った住宅を○○セキスイハイム(株)と言うディーラーが販売すると言う
形態なので、ひょっとすると地域での温度差が激しい可能性が有るかも?
よ〜く話し合って考えてみて下さい。
posted by まちお at 00:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | 住まいの防犯
この記事へのコメント
このシリーズ面白いですね♪
続けてくださいね〜♪^0^
勉強します(笑)
Posted by 京師美佳 at 2006年07月13日 01:20
美佳さん、おはようございます。

>このシリーズ面白いですね♪
よかった(^o^)
ボク自身調べていて、へぇ〜と思う事も沢山あったりしますので、ある程度のところはレポートしたいと思います。
Posted by まちお at 2006年07月14日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20490432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

セキスイハイムの家づくり(新築一戸建て)
Excerpt: セキスイハイムの家づくり(新築一戸建て)、土地活用・分譲情報、東京エリアの住宅展示場のご案内
Weblog: セキスイハイム東京ホームページ
Tracked: 2006-07-20 22:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。