2006年07月02日

「まちづくり」と言う防犯対策 その2

前回の続きです。

例えば、幼稚園と老人ホームを併設させる。
これにより、人の目が行き届き、不審者は侵入しづらくなる。
もちろん、人の通る道に視線が集まるような造りと運用が重要です。
防犯以外にも、交流によって高齢者側の心のケアにも、子どもたちの教育にも
プラスになります。(元は、こっちが先だと思いますが)
他にも、小学校とデイケアセンターや公民館を併設し、小学校の下校時間と
イベントの終了時間を合わせたりすると、勝手に付き添い下校してくれます。
民間で考えれば、下校時刻に合わせてスーパーはタイムサービスを毎日行うとか、
ちょっと乱暴ですが、小学校の登下校時間以外の犬の散歩を禁止してしまう
禁止は冗談ですが、公園で犬のしつけ教室とか、下校時間までの1時間だけ
公園で犬を放し飼いにできる様にするなどのイベントに結びつけると、
意識せずともワンワンパトロール隊の出来上がりです。
リードを離す為には、フェンスで囲って入り口もドアをつける必要があるので、
不審者も入りにくくなって良いかもしれません。
考えると色々出てきて楽しいでしょ!
こういった、町全体での建物の建て方や運用によって、「接点」を作って
しまいます。

住居も、一軒ずつバラバラに建てるのではなく、○○通り沿いは「地中海風」
○○町は「日本風」○○公園周辺は「北欧風」などと、デザインに統一感を
持たせます。
ここで重要なのは、同じデザインの家がズラ〜っと並ばないようにしつつ、
統一感を持たせ、さらにブロック毎に明確に違いを打ち出す事。
これにより、家そのものと町並みに対する愛着が生まれ、違いを出す事で、
微妙なライバル意識が生まれ、それにより連帯感が生じてきます。
つまり、建物のデザインで、コミニティを強化する「きっかけ」を作る訳です。

さらに、道路や区画の整備なども、死角を作らないように工夫したり、
歩道と、車道、自転車道をできる限り分ける事で、引ったくりや連れ去り
を起きにくくすると同時に事故の防止にもつながります。
わざと、袋小路を作って犯行後の逃走をしにくくする等も合わせて実施します。
他にも、小型の循環バスを可能な限り多く走らせて、銀行や郵便局の前にバス停を
作ると年配の方がひったくりの被害に会う事も減らせるのではないでしょうか?
バスが行き渡れば、駅前の商店の活性化にもつながるし、駐車場や駐輪場の
問題の解決にも一役買うことができるのでは?
循環バスによって放置自転車を減らす事ができれば、それだけで格段に歩き
やすくなるんだからバリアフリーの出来上がり!
何も、エレベーターつけたり、段差無くすだけがバリアフリーじゃ無いと
思いますがいかがでしょう?
それに「割れ窓理論」を当てはめると、放置自転車による風紀の乱れは犯罪の温床
でもある訳ですから防犯効果もあり!

更に、空き交番と不審者情報の配信と街頭カメラの監視員、訪問看護や公共施設の
清掃と防犯パトロールなど、別のものを融合させる。
費用は、自治会費として徴収した物と、自治体からの援助、企業からの寄付で
まかなう。

どうですか?
ここにあげた事は、ほんの一例です。
中には、すでに取り入れられている事例もあります。
確かに「それは無理っぽいぞ〜」と言うのも、中にはあります。
行政が絡むと、とたんに及び腰になって進まなくなる事も沢山あるでしょう。
でも、バラバラにやると反発するような事も、一緒にやれば融合できるものも沢山
あるはず。(^^)v

今は、ただの夢物語。でも、これがボクの「まちづくり」。(*^_^*)


後記:
最初はセミナーの話と、その時にお会いした堀内裕子さんという素敵な方の事を書く
つもりだったんですが、いつの間にかえらく大きな話になってしまいました。(笑)
その堀内さん「シニアの生活を安心・安全に楽しくデザインする」をコンセプトに
シニアライフデザインという会社を立ち上げていらっしゃるんですが、非常に共感
できるところがあって、そのあたりを含めて紹介記事を書こうと思ったらこういう
結果になってしまいました。(^^ゞ

Link
シニアライフデザイン
posted by まちお at 22:17 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(3) | 住まいの防犯
この記事へのコメント
こんばんは。
幼稚園と老人ホーム、
素晴らしい案ですね^−^
いつも勉強熱心なまちおさんに、
色々と、教えていただいています♪
Posted by 京師美佳 at 2006年07月03日 01:50
美佳さん、おはようございます。
いつもありがとうございます。
好奇心の塊なもので...
生涯勉強です。
Posted by まちお at 2006年07月03日 08:22
はじめまして。
まちおさんのやわらかい発想に感動しました。
幼稚園・保育園とシニア施設を併設する。
とっても素敵なことだと思います。

うちも核家族ですが、防犯面に限らずやはりいろんな世代との交流が切実に欲しいです。
でも、もちろん安全安心が第一ですね。

本当に勉強になりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by えま【定年退職後の生活情報★団塊世代の父へ贈物 】 at 2006年07月14日 16:08
えまさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>防犯面に限らずやはりいろんな世代との交流が切実に欲しいです。

地域での交流を深める事で、被害に会いにくい街にする事もできるし、何より犯罪者を生まない社会に近づける事ができると思います。
防犯の基本は、鍵掛・声掛・整理整頓です!

*うちのじぃ〜じも相当甘甘です。(~_~;
Posted by まちお at 2006年07月15日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

定高齢者住宅・老人ホームを考える
Excerpt: 今回は老人ホームについて考えて見ました。老後の生活資金、生活設計、趣味、年金、さまざまな不安を解消するキッカケをつかめます!
Weblog: 老後資金【老後の生活が設計できるサイト】
Tracked: 2006-08-11 00:40


Excerpt: デイケアデイケアとは、福祉・医療関係施設が提供するサービスの一種。老人・幼児・精神科に分かれており、利用者同士が交流するということが特徴としてあげられる。昼間にレクリエーションなどの活動で人と接するこ..
Weblog: 高齢者・福祉ETC
Tracked: 2007-07-28 09:32


Excerpt: デイケアセンターデイケアセンター (Daycare center) とは、病院やその為の専門の施設で、在宅の高齢者や療養者が、昼間の通所で治療、リハビリテーションを受けることのできるところである。病院..
Weblog: 高齢者・福祉ETC
Tracked: 2007-07-28 11:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。