2005年12月13日

火の用心!

いきなりですが、クイズです!

Q.火災の出火原因のワーストワンは何でしょう?

A.「放火です」←「」内をドラグしてください。

もうすぐお正月。
年末年始のこの時期、一年で二番目に放火の多い季節です。
(意外かもしれませんが一番多いのは3〜5月だそうです。
自殺者もこの時期が一番多いんですが、この時期はストレスもピークになるんですかね?)
「防火に勝る消火なし!」ということで今回は放火にあわない為の防犯対策をお届け!
お〜なんか久しぶりに「住まいの防犯」かも〜

では早速。
○第一には、燃えやすい物を外に出しておかない事!
資源ゴミ(新聞や雑誌など)は必ず当日の朝に出しましょう!放火は人目につきにくい
深夜に集中しています。
夜間に燃えやすい物を外に放置するなど、狼の群に羊をほうり込むのに等しい行為です。
止めましょう。

○門灯やセンサーライトで死角を無くす事!
闇にまぎれてこっそり火をつけるのが、放火の通常の手口。
ある程度の明るさを保つ事で、犯罪意欲をそぐことができます。
また、センサーライトで威嚇したり、防犯カメラ、ダミーカメラなどを設置しする事に
より抑止力を持たせることが出来ます。
*ダミーカメラについて、空巣対策としてはお勧めしていませんが、放火に限って言えば
 暗いので本物かどうか見分けがつきにくく、プロの空巣のように周到に下見をする事は
 少ないので、それなりに効果は期待できると思います。
(但し、カメラがついている事を、ステッカーなどでしっかりアピールしましょう!
 暗くてカメラに気付かなかったなんて、笑えないジョークは無しですよ)

○門やシャッターは閉めておく事!
施錠できれば一番良いのですが、もし出来なくても、ちゃんと閉めておきましょう!
外に雑誌などを出しておかなくても、家の裏などに入られてしまうと何かしら燃えやすい
ものが置いてあるものです。
もし、門やシャッターがついていない(若しくは壊れていて閉められない)場合は、
ロープやチェーンをかけるだけでもずいぶん違います。
過去に何度も出てきていますが、領域性の強化と言って、物理的に閉ざさなくても、
テリトリーを主張する事で、心理的に入りにくくすることが出来ます。 
但し、ロープなどで代用する場合は、膝と胸の高さに最低2本張るようにしましょう。
*防犯設備士のテキストによると、最低4本(「地面から20cm」に1本「地面から1m
 以上」に1本。間隔は30cm以内)以上の線状のものを設置した場合は、侵入しようと
 するものに対する明確な意思表示と出来る。とあります。(参考までに)

○バイクや車のカバーは、難燃性のものにしましょう!
結構やられるらしいです。
あと、人通りが少なく暗い場所には路上駐車しないようにしましょう。

【楽天市場】でも購入可能です。
・バイク用 → 燃えにくいワールドバイクボディーカバーM

・車  用 → ボディカバーオクトプラス防炎厚地

○被害を最小限に食い止めるための心構えを持っておきましょう!
消火器の設置や、避難経路の確認、消防への通報など万が一の場合に対応できるよう
準備しておきましょう。
もちろん、身を守る事が最優先です。

お正月に長期間家を開ける機会も多くなると思います。
一年の始まりを気持ちよくすごすためにも、十分注意して下さい。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 防犯・防災へ
防犯・防災
posted by まちお at 18:12 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 色んな防犯
この記事へのコメント
こんばんは。
放火も年末多くなりますよね。。。
凄く勉強になりました^0^
気をつけないと。
空気も乾燥しているし><
Posted by 京師美佳 at 2005年12月14日 01:13
美佳さんこんにちは。
コメントありがとうございます。

クリスマスやお正月を控え、街は華やいでくると
言うのに...
消防庁も本腰をいれて対策に乗り出して
いるようですし少しでも減ってくれれば
いいのですが。
Posted by まちお at 2005年12月14日 15:47
領域性の強化ですか。
なるほど、確かに囲ってあると心理的に入りづらい様な気がしますね。
自分の家はセンサーライト付けてますが、ちょっとでも心理的に効果があれば良いです。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by クマ at 2005年12月15日 17:03
クマさんこんばんは。

囲ったり、色を変えたり(例えば、トイレは女性用と
男性用で色が違いますよね)とかコミュニティの形成
とか、有形・無形色々応用が出来ます。
色々な対策の組合せ次第で相乗効果が出ますので
色々お試しあれ。
Posted by まちお at 2005年12月16日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。