2006年11月16日

「愛国心」っていったい...

昔々。あるところに、それはそれは乱暴者の大男がおりましたそうな。
その大男は、毎日何もせず、村人たちの作った米や野菜を貢がせて暮らしていた。
村人たちは、その大男のことは怖かったし嫌いじゃったが、隣村と諍いが絶えなかったからその大男が必要でもあった為、言う事を聞くしかなかったそうな。
ある日、大男は村長に言った「嫌々、食べ物を持ってくるんじゃない!心から感謝して持ってこい!わしの事をもっと愛するように村人たちに言うんじゃ」
しかし、我がままで、乱暴者の男の事を愛する村人は一人もおらんじゃった。
そんなある日、怪我をして動けなくなったその大男を一人の童子が介抱してやった。
人のやさしさに、始めて触れた大男はそれ以来、わがままも言わず、村人のために良く働くようになり、皆から好かれるようになったとさ。
めでたしめでたし。

ところで、教育基本法改正案が可決されたらしい。
その中に「愛国心条項」というものがあるそうだ。
国を愛する態度を教育の中で、目標とするのだとか。

愛して欲しければ、相手の事を心から愛しましょう。
そして、私利私欲をすてて、愛されるように振舞えばよい。
愛とは、求めるものではなく、与えるものである。
昔のモテ話や、自慢話をひけらかしても愛してはもらえない。
ましてや、強要して得られるものであるはずが無い。

多分、普通の人なら、たいてい知っているはず。
いたって、簡単な理屈である。

政治ネタを扱うblogではないのでこれ以上は突っ込まないが、
どんなもんでしょうか?


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 21:45 | 東京 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。