2006年07月18日

日記

中田選手の引退後のインタビューがテレビでやってました。
大好きな中田選手の引退。ボクにとっては、とても大きな出来事でした。
今日は、防犯の話は無しです。
テレビを見て感じたことを感じたままに書いてみたいと思います。

実はボク、大のサッカー好き(ここ1年程は、色々と勉強し直す為に封印して
ますが)好きな選手は、ピクシー、ドゥンガ、そして中田。
プレースタイルのまったく違うこの3人、サッカー好きならなんとなく解って
もらえると思いますが、3人の共通点は「戦う意思」を持っている事。
中田の言葉を借りるならば、「覚悟」が伝わってくる事。

中田を応援し始めたのはワールドカップ・フランス大会予選の頃から。
ピッチ上での前に出る姿勢や、年に似合わぬいぶし銀のようなプレー、ピッチ
の外での数々の言動全てに惹かれていった。
当時、マスコミから叩かれたり、悪く言う人もいたが、中田の発する言葉からは、
ゆるぎない信念が感じられた。
個人として、チームとして、何を目指すのか?そこに到達するにはどうあるべき
なのか?
そして、自分自身どうありたいのか...
誤解されたり、他人とぶつかってしまうのも、目指すものを実現させるんだと
言う思いの強さが、厳しさとして現れた結果だと思う。
無愛想な態度も信念の表れであろう。
何かを成そうとした時、人の一生はあまりにも短い。
それが、スポーツ選手ならなおさらである。
だからこそ、無益な事に気持ちや時間を割いている余裕など無いのである。

インタビューで、中田は「覚悟をもって100%力を出し切る事をしないのならば
ワールドカップの舞台に立つべきではない」と言うような事を語っていた。
そこには、思いが伝わらない事へのもどかしさが感じられた。
確かに、選手もスタッフも皆がんばったであろう。
ただ、頑張るというのは「瞬間、瞬間に知力・体力・精神力の全てにおいて
全力を尽くす」と言う事である。
頭で考えるだけで行動しないのも、何の考えも無くただ走り回るだけで終わるのも、
頑張るとは言わない。
インタビューの中でも言っていたが、プロとして頑張るのは当たり前であり、
大前提なのだ。
本当の「結果」は、その先にしか存在しないものである。

言うまでも無くサッカーは、チームで行うものである。
当然、自分一人の力だけでは、目指すところへはたどり着けない。
その中で、伝わらない思いというものは、そのまま、自分にのしかかってくる。
それは、相当しんどいものである。

引退を決意した事への直接の理由は、中田自身はっきりとは話していない。
本大会の何ヶ月も前に決断していたようなので、ワールドカップの結果が引き
金になった訳ではない。
サッカー以外のことに挑戦したい(安直な表現で申し訳なが)と言う事は理由の
1つとしてあるようだが、体力や、技術面での限界を感じた訳ではないであろうし
今の状況がいやになって投げ出すわけでも、もちろん無いであろう。
最近は、ボク自身サッカーから遠ざかってしまっている為、クラブチーム内
での事や代表チーム内での事など、中田を取り巻く状況がどうだったのか、
はっきりした事は解らない。
ただ、これ以上どう頑張っても思いを伝えられないと感じたとき、たどり着く
結論は1つだ。
覚悟を決めた人間と言うのは、そういうものだと思う。
サムライブルーそれは、中田にこそ相応しい言葉だと思う。
過去にラモスや中山たち、そして中田が見せた戦う意思を受け継ぐものが
日本代表に現れる事を強く願う。
ボクらは、うまいサッカーが見たくて日本代表を応援するのではない。
子どもの頃夢中になったウルトラマンのように、巨大怪獣にたった一人で
立ち向かい、どんなに傷ついても立ち上がる姿にテレビの前で熱くなり、
沢山の勇気をもらった。
あの時の気持ちをもう一度味わいたい。
それだけだ...

最後に、中田選手ありがとう。そして、お疲れ様でした。
これからは、自分自身の戦いを楽しんでください。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 23:19 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

2006年07月12日

ハウスメーカー防犯対策徹底比較「セキスイハイム」

お待たせしました〜!
予告しておきながらずっとほったらかしでしたが、やっと、今回からスタート
です。
第1回目は、「セキスイハイム」です。
いきなり、結論から言っちゃいますが、ここ、GOODです。
かなり研究してます。
カタログを現在取り寄せ中なので、届いたらまた詳しくレポートしたいと思い
ますが、ホームページ上からだけでも力の入れようが、かなり伝わってきます。
では、早速どの辺りが良いのか詳しくお伝えしていきたいと思います。

○商品名
S&S(セイフティ&セキュリティ)パッケージ
○コンセプト
「狙わせない」「侵入させない」為の最適なプランと設備をパッケージ化
○特徴
・防犯性能の高い建築部品の採用に加え、CPTED(詳しくはこちら→防犯環境設計
をコンセプトに取り入れている。
更に、外観としてのの美しさ、地域性を踏まえた防犯レベル、コストパフォーマンス
まで総合的にプランニングすると言うもの。
設備をいくつか並べ立てて、防犯に配慮した住宅として売っているところが
多い中、これは立派!
しかも、提案が段階的に進んでいくようになっていて、わかり易い。
外構→敷地→ドア・窓→室内とそれぞれに、レベルを決めてオプションを
設定している様子が伺える。
・設備についても、物理的なものから、最新の電気設備、ホームセキュリティ
ときっちりカテゴリーに分けて商品化されている。
他のところも、並んでいるオプション自体は似たり寄ったりだが、検証した
結果を系統立てて商品化している。
なぜ、こうなっているといいのか?
それは、営業担当の質による個体差が生じにくいから。
100%把握できている営業担当などまず、いません。
そこで、会社としてきちんと商品化して、売りやすくしてあるか?
と言うのが実際に買う側の立場に立ったときにも大きく影響してきます。
営業担当にとっては、売りやすい→経験が増える→能力が上がるともいえる
ので、ある程度は評価の基準にはなると思います。


○アフター
・系列にリフォ−ム会社あり。
*ハウスメーカーの防犯について比較する上で、アフターサービスについて
も確認しておきたい項目です。
犯罪の手口などは常に変化します。今、万全だと思っても何年かすると、
決してそうとは言い切れない状況になる事が十分考えられます。
そんなときに、建てたところ(もしくはその系列会社)に相談できるとやはり、
安心感が違いますよね。
それに、電気系の設備を多く取り入れるとメンテナンスが結構発生してきます。
センサー1個壊れただけで大騒ぎしなくてはいけないところよりは、窓口が
しっかりあるところの方が、心強いです。

○ちょっと疑問に思った事
コンセプトに、コミュニティの形成も考えているような匂わせ方をしているが、
そこについての踏み込んだ話が出てこない。
住宅メーカーとしてどう踏み込んでいくのか?ちょっと期待してしまっただけに
残念(>_<)
ホームページに載せていないだけで、実際には何か考えがあるかもしれませんが...
(まあ、はっきりと言い切りにくい分野の話ではあるでしょうが...)

と言う事で、「セキスイハイム」の評価は「AA」としておきましょうか。
*と、ここまで持ち上げておきながら言うのもなんですが、あくまでもホームページ上での事。
セキスイハイムさんは、(他はどうか解りませんが)住宅メーカーの積水化学工業
が作った住宅を○○セキスイハイム(株)と言うディーラーが販売すると言う
形態なので、ひょっとすると地域での温度差が激しい可能性が有るかも?
よ〜く話し合って考えてみて下さい。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:18 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(1) | 住まいの防犯

2006年07月09日

昨日は、誕生日!

昨日は、ボクの誕生日でした。!(^^)!
誕生日のプレゼントを買ってもらうために、近くのヨーカドーに買い物にいったんですが、どういうわけか、カミさんのサンダルとカバンと子どもの服を買ったら時間がなくなってしまい、ボクのプレゼントは後日一人で買いに行く事に...(~_~;)
まあ、一人の方がゆっくり買い物できるのでいいんですけどね...
カミさんのカバンは、夏用のかごタイプの物を買ったんですが、最近、トートバックとか、口が閉まらないカバンが流行ってますよね。
しかも、これで電車に乗ったり、買い物に夢中になったり...
しかも、しかも、財布を上にポンと乗せたままだったり...
これでは、とって下さいと言っている様なもの!
こういうカバンを持つときは、必ず、ハンカチなどを上にかぶせて、中身が見えない様にしましょう!
それだけで狙われる確立はグンと減りますからね(^^)
これから、夏休みに向けて花火大会とかで、人ごみに出る機会も増えてくると思いますので、ご注意を!

とまあそんな誕生日だったんですが、ヨーカドーで、「PLIME」という女の子6人組のダンスユニットのミニLIVEがあって、子どもも握手してもらって喜んでたし、外で食べた晩ご飯おいしかったし、結構楽しかったです。


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 19:45 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 色んな防犯

2006年07月05日

川崎市子ども110番の家にドラえもん起用

今日はNPO法人防犯ネットワークさんからの情報です。

川崎市では、子ども110番の家のプレートの絵にドラえもんを採用するそうです。
子どもたちに分かりやすく、また、いざと言うとき駆け込みやすくもなるでしょうから、ナイスアイディア!!
更に、これと同様のデザインの物を公用車にも貼り付けてパトロールにあたるとの事。
とここまでは、まあ良い。
しかし、ここで大きな懸念が...
ドラえもんである。「やさしくて」困ったときはいつでも「助けてくれる」あのドラえもんである...
子どもたちをだます為の、最高の道具にされはしないだろうか?
しかも公用車への貼付方法は、マグネットなのだそうだ...
ドラえもんを使う事自体は、否定しません。しかし、悪用され無いためにどうすればよいか、もっと慎重に考えるべきではないでしょうか?
ボクは、川崎市民ではないので、意見は無視されるかも知れません。
でも、言わずには居られなかったのでメールをしました。
以下は、メールの全文です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「子ども110番ドラえもんステッカーの公用車への貼付について」
防犯プランニングセラフィの小林と申します。
防犯のコンサルティング会社を経営するものです。
川崎市在住ではありませんが、知人より掲題の話を聞き、問題があると判断
しますので、差出がましくはありますが、ご意見述べさせていただきます。
○問題点
1.偽造される事への懸念
他の地区でも、文字だけのステッカーを貼りパトロールにあたっているところ
もあり、偽造による被害と言う懸念は0ではありません。
しかし、「ドラえもん」の場合、知らない子どもなど殆どいないほど子どもたち
には認知されています。
その認知度の高さを利用し、言葉巧みに「変な人がうろうろしているから送って
あげる」などと言われたら無条件に信じてしまうのではないでしょうか?
しかも、ドラえもんはインターネットや漫画などいくらでも画像を入手でき、
かなり精度の高い偽造が容易い物であるということにも注意する必要があります。

2.盗難への懸念
マグネット式で取り外し可能と聞いておりますが、盗難され悪用される事を
お考えでしょうか?
運用に際しては、ナンバリングし駐車時には取り外すなどの配慮はなさるよう
ですが、絶対に取り忘れる事が無いと言い切れますか?貼り方が悪く走行中に
剥がれてしまう事が絶対に無いと言い切れますか?
ちょっとジュースを買うだけだから、書類を渡すだけだからと言った油断が
絶対に無いと言い切れますか?

*繰り返しますが、文字だけのステッカーでも悪用される可能性は0では
 ありません。
 しかし、ドラえもんはあまりにも認知度が高く、そのキャラクターも
 「やさしい」「助けてくれる」と言うもので、それを車に張っている人が
 「悪い事をするわけは無い」そう信じ、悪用する為の格好の道具とされる
 危険性は、文字だけのそれの比ではありません。

公用車での防犯パトロールの認知度を高める試みとして、完全に否定するもの
ではありませんが、大きさ、貼り方、運用など再度、熟考の上より安心できる
ものとした上での施行を強く希望します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

川崎市の皆さん、どうか、よく考えてください。
そして、行動してください。
行動は、電話でもメールでもなんでもかまいません。
声を伝えるだけで結構です。
その声が沢山集まった時大きな力となるはずです。

川崎市へのお問い合わせはこちら
市民局青少年育成課  TEL:200-2669, FAX:200-3914
教育委員会健康教育課 TEL:200-3296, FAX:200-3950

メールでのご意見はこちら>>「市民オンブズマン」ホームページ


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:47 | 東京 ☁ | Comment(7) | TrackBack(0) | 子どもの防犯

2006年07月02日

「まちづくり」と言う防犯対策 その2

前回の続きです。

例えば、幼稚園と老人ホームを併設させる。
これにより、人の目が行き届き、不審者は侵入しづらくなる。
もちろん、人の通る道に視線が集まるような造りと運用が重要です。
防犯以外にも、交流によって高齢者側の心のケアにも、子どもたちの教育にも
プラスになります。(元は、こっちが先だと思いますが)
他にも、小学校とデイケアセンターや公民館を併設し、小学校の下校時間と
イベントの終了時間を合わせたりすると、勝手に付き添い下校してくれます。
民間で考えれば、下校時刻に合わせてスーパーはタイムサービスを毎日行うとか、
ちょっと乱暴ですが、小学校の登下校時間以外の犬の散歩を禁止してしまう
禁止は冗談ですが、公園で犬のしつけ教室とか、下校時間までの1時間だけ
公園で犬を放し飼いにできる様にするなどのイベントに結びつけると、
意識せずともワンワンパトロール隊の出来上がりです。
リードを離す為には、フェンスで囲って入り口もドアをつける必要があるので、
不審者も入りにくくなって良いかもしれません。
考えると色々出てきて楽しいでしょ!
こういった、町全体での建物の建て方や運用によって、「接点」を作って
しまいます。

住居も、一軒ずつバラバラに建てるのではなく、○○通り沿いは「地中海風」
○○町は「日本風」○○公園周辺は「北欧風」などと、デザインに統一感を
持たせます。
ここで重要なのは、同じデザインの家がズラ〜っと並ばないようにしつつ、
統一感を持たせ、さらにブロック毎に明確に違いを打ち出す事。
これにより、家そのものと町並みに対する愛着が生まれ、違いを出す事で、
微妙なライバル意識が生まれ、それにより連帯感が生じてきます。
つまり、建物のデザインで、コミニティを強化する「きっかけ」を作る訳です。

さらに、道路や区画の整備なども、死角を作らないように工夫したり、
歩道と、車道、自転車道をできる限り分ける事で、引ったくりや連れ去り
を起きにくくすると同時に事故の防止にもつながります。
わざと、袋小路を作って犯行後の逃走をしにくくする等も合わせて実施します。
他にも、小型の循環バスを可能な限り多く走らせて、銀行や郵便局の前にバス停を
作ると年配の方がひったくりの被害に会う事も減らせるのではないでしょうか?
バスが行き渡れば、駅前の商店の活性化にもつながるし、駐車場や駐輪場の
問題の解決にも一役買うことができるのでは?
循環バスによって放置自転車を減らす事ができれば、それだけで格段に歩き
やすくなるんだからバリアフリーの出来上がり!
何も、エレベーターつけたり、段差無くすだけがバリアフリーじゃ無いと
思いますがいかがでしょう?
それに「割れ窓理論」を当てはめると、放置自転車による風紀の乱れは犯罪の温床
でもある訳ですから防犯効果もあり!

更に、空き交番と不審者情報の配信と街頭カメラの監視員、訪問看護や公共施設の
清掃と防犯パトロールなど、別のものを融合させる。
費用は、自治会費として徴収した物と、自治体からの援助、企業からの寄付で
まかなう。

どうですか?
ここにあげた事は、ほんの一例です。
中には、すでに取り入れられている事例もあります。
確かに「それは無理っぽいぞ〜」と言うのも、中にはあります。
行政が絡むと、とたんに及び腰になって進まなくなる事も沢山あるでしょう。
でも、バラバラにやると反発するような事も、一緒にやれば融合できるものも沢山
あるはず。(^^)v

今は、ただの夢物語。でも、これがボクの「まちづくり」。(*^_^*)


後記:
最初はセミナーの話と、その時にお会いした堀内裕子さんという素敵な方の事を書く
つもりだったんですが、いつの間にかえらく大きな話になってしまいました。(笑)
その堀内さん「シニアの生活を安心・安全に楽しくデザインする」をコンセプトに
シニアライフデザインという会社を立ち上げていらっしゃるんですが、非常に共感
できるところがあって、そのあたりを含めて紹介記事を書こうと思ったらこういう
結果になってしまいました。(^^ゞ

Link
シニアライフデザイン


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 22:17 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(3) | 住まいの防犯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。