2006年05月02日

万引被害50回以上でコンビニ閉店へ?

今日、テレビを見ていたら、こんなニュースが流れていました。

「東京の巣鴨の同じコンビニ店を狙って、万引きを繰り返していた15〜16才の少年グループ9人を窃盗の疑いで逮捕。
 約3ヶ月間で、50回以上の万引きを続け、そのコンビニ店は被害の影響で経営不振に陥り、今年3月、閉店に追い込まれていた。」
とのこと。
 最初は、万引だけだったようですが、手口はエスカレートして行き、最終的には、店員を取り囲んで「ケンカをして追われているからかくまってくれ」と言って注意をそらし、店内事務所の金庫から現金約17万円、店外の自動販売機から、たばこと現金合わせて、約10万円相当を盗むと言う、大きな窃盗にまで発展して行ったようです。

少年達は、なぜ?と言った話は別のblogに任せるとして、テレビを見ていて気になったのは、「なぜ何の防犯対策もしていなかったのか?」どうも防犯カメラの1台すら、設置されていなかったよう。
お店のあった場所は、深夜になると人通りも少なくなるような場所だそうで、店員も1人しかいなかったとの事。
店員に危害を加えることはなかったから良いようなものの、もし、強盗が入り、店員が抵抗していたら、命を落とす危険もあった訳です。
一番の被害者であるオーナーを責めるのは、酷かも知れませんが、人通りが少ない場所で、深夜1人で現金を扱うのは、相当危険な事であると、の認識が薄かったのでは?
さらに言うと、フランチャイズの会社の店鋪運営の姿勢も疑いたくなります。
ここ数年で、コンビニ強盗の件数は結構な数が起きています。
(PCクラッシュの為、データーがすぐに出てきません。スミマセン)
その辺り、もう少しちゃんと指導するべきでは?
「資金がないから、防犯対策は出来ません」「ああそうですか」で済ませていたとしたらとんでもない話!
安心して働く事が出来る環境を整えると言うのは、最低限すべき事では?


周辺の環境や、人通り、地域の治安レベル、店員の人数などにもよりますが、最低限の防犯対策はしてもらいたいものです。
ちゃんとした所なら、その辺のノウハウはしっかり持っているはず!
(前に記事にした事がありますが、コンビニって良く考えてるな〜と感心する事がたくさんあるんです)
もし、コンビニでアルバイトする時は、防犯対策しっかりされているか、確認してからにしましょうね!


ぴかぴか(新しい)banner_02.gif ←人気blogランキング「防犯・防災」ぴかぴか(新しい)



posted by まちお at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(4) | TrackBack(0) | 色んな防犯

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。